それを言叶という – amazarashi – 歌词翻译及罗马音译整理

  • amazarashi

仆らはいずれ锖び付いて ついには动かなくなる ()

ぼくらはいずれさびついて ついにはうごかなくなる

bokura haizure sabi tsui te tsuiniha ugoka nakunaru

缓やかに终わりへの航路をたゆたう ()

ゆるやかにおわりへのこうろをたゆたう

yuruya kani owari heno kouro wotayutau

箱船に乘せられたある意味 标なき漂流者だ ()

はこぶねにのせられたあるいみ しるべなきひょうりゅうしゃだ

hakobune ni nose raretaaru imi shirube naki hyouryuusha da

加速する日々は ついには减速する日々を迎え ()

かそくする日々ひびは ついにはげんそくする日々ひびをむかえ

kasoku suru hibi ha tsuiniha gensoku suru hibi wo mukae

阳が沈んで黒ずんだ水平线と対峙する ()

ひがしずんでくろずんだすいへいせんとたいじする

you ga shizun de kuro zunda suiheisen to taiji suru

暗夜行路に至ったのです ()

あんやこうろにいたったのです

anya kouro ni itatsu tanodesu

打ち上げられた船乘りの靴 ()

うちあげられたふなのりのくつ

uchiage rareta funanori no kutsu

明星とデネボラの隙间 微かに光る六等星 ()

みょうじょうとデネボラでねぼらのすきま かすかにひかるろくとうせい

myoujou to denebora no sukima kasuka ni hikaru roku nado hoshi

全ての人に忘れ去られる事が 终わる事だとしたら ()

すべてのひとにわすれさられることが おわることだとしたら

subete no nin ni wasure sara reru koto ga owa ru koto datoshitara

その时仆は既に终わっていたし ()

そのときぼくはすでにおわっていたし

sono toki bokuha sudeni owa tteitashi

それを寂しいとすら考えなかった ()

それをさびしいとすらかんがえなかった

sorewo sabishi itosura kangae nakatta

ただ静かに念る波に揺さぶられて ()

ただしずかにうなるなみにゆさぶられて

tada shizuka ni unaru nami ni yusa burarete

喉が千切れる位に后悔の歌を叫んだのです ()

のどがちぎれるくらいにこうかいのうたをさけんだのです

nodo ga chigire ru kurai ni koukai no utawo saken danodesu

苦し纷れの声 苦渋の歌声 稲妻と响け ()

くるしまぎれのこえ くじゅうのうたごえ いなずまとひびけ

kurushi magire no koe kujuu no utagoe inazuma to hibike

无理だと言われた距离を越えてみせろ ()

むりだといわれたきょりをこえてみせろ

muri dato iwa reta kyori wo koe temisero

“言叶にすればたやすくて”って言叶にしなきゃ分かんねぇよ ()

「ことばにすればたやすくて」ってことばにしなきゃわかんねぇよ

「 kotoba nisurebatayasukute 」 tte kotoba nishinakya waka nneeyo

君は伝える事谛めてはだめだ それを届けて ()

きみはつたえることあきらめてはだめだ それをとどけて

kun ha tsutae ru koto akirame tehadameda sorewo todoke te

死に损なった朝が眩しい 出挂けさせられてる毎日に ()

しにぞこなったあさがまぶしい でかけさせられてるまいにちに

shini sokona tta asa ga mabushi i dekake saserareteru mainichi ni

千切れた涙を铳弾としてこめろ それを言叶という ()

ちぎれたなみだをじゅうだんとしてこめろ それをことばという

chigire ta namida wo juudan toshitekomero sorewo kotoba toiu

少年少女がうろつく雑踏に転がる望みなど もはや谁も拾わない ()

しょうねんしょうじょがうろつくざっとうにころがるのぞみなど もはやだれもひろわない

shounenshoujo gaurotsuku zattou ni koroga ru nozomi nado mohaya daremo hirowa nai

期待出来ない时代に 期待されなかった仆らは ()

きたいできないじだいに きたいされなかったぼくらは

kitai dekina i jidai ni kitaisa renakatta bokura ha

“あいつはもう终わりだ”と言われながら ()

「あいつはもうおわりだ」といわれながら

「 aitsuhamou owari da 」 to iwa renagara

屈折した尊厳はまるで青く尖るナイフだ ()

くっせつしたそんげんはまるであおくとがるナイフないふだ

kussetsu shita songen hamarude aoku togaru naifu da

幸福を竞い合うのに饱きて 不幸比べになったらもう末期だ ()

こうふくをきそいあうのにあきて ふこうくらべになったらもうまっきだ

koufuku wo kisoi au noni aki te fukou kurabe ninattaramou makki da

仆が歌を歌って得る安心と ()

ぼくがうたをうたってえるあんしんと

boku ga utawo utatsu te eru anshin to

あの娘が自伤行为して得る安心の そもそもの违いが分からない ()

あのこがじしょうこういしてえるあんしんの そもそものちがいがわからない

ano musume ga ji kizu koui shite eru anshin no somosomono chigai ga waka ranai

どっちにしろ 理解しがたい人の集まりの中で ()

どっちにしろ りかいしがたいひとのあつまりのなかで

dotchinishiro rikai shigatai nin no atsumari no naka de

自分さえ理解出来ない人间の成れの果てだ ()

じぶんさえりかいできないにんげんのなれのはてだ

jibun sae rikai dekina i ningen no nare no hate da

やり遂げる事で得る満足も 小銭と同じであっという间に消费した ()

やりとげることでえるまんぞくも こぜにとおなじであっというまにしょうひした

yari toge ru koto de eru manzoku mo kozeni to onaji deattoiu mani shouhi shita

ファストフード店で头を抱えながら缲り返す ()

ファストフードふぁすとふーどてんであたまをかかえながらくりかえす

fasutofu-do mise de atama wo dae nagara kurikaesu

终わってたまるか 终わってたまるか ()

おわってたまるか おわってたまるか

owa ttetamaruka owa ttetamaruka

苦悩の果ての果て 惨めなうめき声 ()

くのうのはてのはて みじめなうめきごえ

kunou no hate no hate san menaumeki koe

ここでこそ歌え 抜け壳になった命こそ鸣らせ ()

ここでこそうたえ ぬけがらになったいのちこそならせ

kokodekoso utae nuke kara ninatta inochi koso nara se

“心にも无い事言って”って心に无いなら言えねぇよ ()

「こころにもないこといって」ってこころにないならいえねぇよ

「 kokoro nimo nai koto itsutsu te 」 tte kokoro ni nai nara ie neeyo

仆は伝える事さげすんだりしない それを届けて ()

ぼくはつたえることさげすんだりしない それをとどけて

bokuha tsutae ru koto sagesundarishinai sorewo todoke te

死に损なった朝が眩しい 出挂けさせられてる毎日に ()

しにぞこなったあさがまぶしい でかけさせられてるまいにちに

shini sokona tta asa ga mabushi i dekake saserareteru mainichi ni

千切れた涙を铳弾としてこめろ それを言叶という ()

ちぎれたなみだをじゅうだんとしてこめろ それをことばという

chigire ta namida wo juudan toshitekomero sorewo kotoba toiu

明日がある以上终わりじゃない 朝日が愚钝に射し込む车内 ()

あすがあるいじょうおわりじゃない あさひがぐどんにさしこむしゃない

ashita gaaru ijou owari janai asahi ga gudon ni sashi komu shanai

押しつぶされた心はくしゃくしゃで ホームに吐き出された ()

おしつぶされたこころはくしゃくしゃで ホームほーむにはきだされた

oshi tsubusareta kokoroha kushakushade ho-mu ni hakidasa reta

もう一歩も动けない 微动だにできない 儚い抗いを吊い ()

もういっぽもうごけない びどうだにできない はかないあらがいをとむらい

mou ippo mo ugoke nai bidou danidekinai hakanai aragai wo tomurai

理论武装解除を 丸裸の行动原理を ()

りろんぶそうかいじょを まるはだかのこうどうげんりを

rironbusou kaijo wo maruhadaka no koudougenri wo

下らない人间くらいが丁度いい ()

くだらないにんげんくらいがちょうどいい

kudara nai ningen kuraiga choudo ii

下らない人间くらいが丁度いい ()

くだらないにんげんくらいがちょうどいい

kudara nai ningen kuraiga choudo ii

下らない人间くらいが丁度いい ()

くだらないにんげんくらいがちょうどいい

kudara nai ningen kuraiga choudo ii

どうせ下らない世界だ ()

どうせくだらないせかいだ

douse kudara nai sekai da

终わったと言われた毎日を あの时确かに泳ぎきった ()

おわったといわれたまいにちを あのときたしかにおよぎきった

owa ttato iwa reta mainichi wo ano toki tashikani oyogi kitta

仆らの両手は涙を拭う为の物ではないさ ()

ぼくらのりょうてはなみだをぬぐうためのものではないさ

bokura no ryoute ha namida wo nuguu tameno mono dehanaisa

死に损なった朝が眩しい 出挂けさせられてる毎日に ()

しにぞこなったあさがまぶしい でかけさせられてるまいにちに

shini sokona tta asa ga mabushi i dekake saserareteru mainichi ni

千切れた涙を铳弾として込めろ それを言叶という ()

ちぎれたなみだをじゅうだんとしてこめろ それをことばという

chigire ta namida wo juudan toshite kome ro sorewo kotoba toiu

 桂ICP备15001694号-2