アムリタ – まきのゆい – 歌词翻译及罗马音译整理

Amrita – 牧野由依

聴かせて懐かしい歌を (可曾耳闻 那令人怀念的歌谣)

きかせてなつかしいうたを

kika sete natsukashi i utawo

远くで口ずさんで (遥远彼方 有人曾轻轻哼唱着)

とおくでくちずさんで

tooku de kuchi zusande

圣なる蜜のように梦のように (宛若蜜一般神圣 梦一般缤纷)

せいなるみつのようにゆめのように

hijiri naru mitsu noyouni yume noyouni

その中で眠らせて (请让我在其中 静静入眠)

そのなかでねむらせて

sono naka de nemura sete

どうして世界は逆さに无力に流れてくの? (为何这世界总是在颠倒逆向中 无力地流逝著)

どうしてせかいはさかさにむりょくにながれてくの?

doushite sekai ha sakasa ni muryoku ni nagare tekuno ?

夕焼け いつか见た茜云 (灿烂晚霞中 曾见那火红云彩)

ゆうやけ いつかみたあかねぐも

yuuyake itsuka mita akane kumo

そばにいれないその代わりに (无法挽留身边 只好再寻替代)

そばにいれないそのかわりに

sobaniirenaisono kawari ni

银色の雨が降ってきたら私だと思って (若银色雨滴到临大地 想起我)

ぎんいろのあめがふってきたらわたしだとおもって

gin’iro no ame ga futsu tekitara watashi dato omotsu te

涙を拭いて (就请拭去你的泪水)

なみだをふいて

namida wo nugui te

まっすぐに肌に落ちる流星 (化作一条直线 降落在肌肤上的流星)

まっすぐにはだにおちるりゅうせい

massuguni hada ni ochiru ryuusei

降り続けて その肩に蜜雨(アムリタ) (宛若持续不息 坠陨肩上的蜜雨)

ふりつづけて そのかたにみつあめ(アムリタあむりた)

ori tsuzuke te sono kata ni mitsu ame ( amurita)

大地が泣いている夜を (大地轻泣的长夜里)

だいちがないているよるを

daichi ga nai teiru yoru wo

感じる心でいて (请用心去聆听和感受)

かんじるこころでいて

kanji ru kokoro deite

あなたの伤口が痛むなら (你的伤口 若还隐隐作痛)

あなたのきずぐちがいたむなら

anatano kizuguchi ga itamu nara

空に愿いの弓矢を撃つ (就拉开弓矢 将愿望之箭射向天空吧)

そらにねがいのゆみやをうつ

sora ni negai no yumiya wo utsu

银色の雨が降ってきたら私だと思って (若银色雨滴降临大地 想起我)

ぎんいろのあめがふってきたらわたしだとおもって

gin’iro no ame ga futsu tekitara watashi dato omotsu te

时间を止めて (就让时间静止吧)

じかんをとめて

jikan wo tome te

地平线 响き渡る雫 (地平线上 闪耀光芒乐音轻响的点滴)

ちへいせん ひびきわたるしずく

chiheisen hibiki wataru shizuku

确かなもの あの日々に蜜雨(アムリタ) (宛若那日 如此真切的蜜雨)

たしかなもの あの日々ひびにみつあめ(アムリタあむりた)

tashika namono ano hibi ni mitsu ame ( amurita)

银色の雨が降ってきたら私だと思って (若银色雨滴降临大地 想起我)

ぎんいろのあめがふってきたらわたしだとおもって

gin’iro no ame ga futsu tekitara watashi dato omotsu te

涙を拭いて (就请拭去你的泪水)

なみだをふいて

namida wo nugui te

まっすぐに肌に落ちる流星 (化作一条直线 降落在肌肤上的流星)

まっすぐにはだにおちるりゅうせい

massuguni hada ni ochiru ryuusei

あなたに降る 雨になる (宛若为你陨落 化作雨滴的)

あなたにふる あめになる

anatani furu ame ninaru

蜜雨(アムリタ) (蜜雨)

みつあめ(アムリタあむりた)

mitsu ame ( amurita)

 桂ICP备15001694号-2