永すぎた春 – パスピエぱすぴえ – 歌词翻译及罗马音译整理

过于漫长的春天 – パスピエ

儚いものこそが、美しいものであった。 (正因为虚幻 所以美丽)

はかないものこそが、うつくしいものであった。

hakanai monokosoga、 utsukushi imonodeatta。

风が吹いた 猫が鸣いた 大事件だそうで (风儿吹拂 猫儿鸣叫 如临大事般)

かぜがふいた ねこがないた だいじけんだそうで

kaze ga fui ta neko ga nai ta daijiken dasoude

全部拾って 拡散して お祭り騒ぎ (将一切拾起 扩散 狂欢)

ぜんぶひろって かくさんして おまつりさわぎ

zenbu hirotsu te kakusan shite o matsuri sawagi

世界中が浮き足立って 大义名分掲げて (全世界都开始动摇 高举著大义名分)

せかいじゅうがうきあしだって たいぎめいぶんかかげて

sekaijuu ga uki adachi tte taigimeibun kakage te

それでもやっぱどこか不安で 出直したり悩んだり (即使如此 哪里也充满不安 又再次陷入烦恼)

それでもやっぱどこかふあんで でなおしたりなやんだり

soredemoyappadokoka fuan de denaoshi tari nayan dari

行かないで 永すぎた春よ 四分の一の永远よ (请别走 漫长的春天啊 四分之一的永远啊)

いかないで ながすぎたはるよ よぶのいちのえいえんよ

ika naide ei sugita haru yo yonbun no ichi no eien yo

等身大の自分なんて 何処にも居なかった (无论何处都找不到与其相称的自己)

とうしんだいのじぶんなんて どこにもいなかった

toushindai no jibun nante doko nimo ina katta

“意味のないことはないよ。” そんなこともなくて (“没有毫无意义的事喔”连这句话都不存在)

「いみのないことはないよ。」 そんなこともなくて

「 imi nonaikotohanaiyo。 」 sonnakotomonakute

気休めの嘘に寄ってたかって大騒ぎ (在安慰的谎言中蜂拥而起 大吵大闹)

きやすめのうそによってたかっておおさわぎ

kiyasume no uso ni yotsu tetakatte oosawagi

世界中が色めき立って にわか雨も运命で (全世界都轰动起来 骤雨亦在命运中)

せかいじゅうがいろめきたって にわかあめもうんめいで

sekaijuu ga shoku meki tatsu te niwaka ame mo unmei de

移り変わる季节の中で ふらついたりのぼせたり (在变换的季节中 或犹豫 或冲动)

うつりかわるきせつのなかで ふらついたりのぼせたり

utsuri kawa ru kisetsu no naka de furatsuitarinobosetari

行かないで 永すぎた春よ 四分の一の永远よ (请别走 漫长的春天啊 四分之一的永远啊)

いかないで ながすぎたはるよ よぶのいちのえいえんよ

ika naide ei sugita haru yo yonbun no ichi no eien yo

等身大の自分なんて 何処にも居なかった (无论何处都找不到与其相称的自己)

とうしんだいのじぶんなんて どこにもいなかった

toushindai no jibun nante doko nimo ina katta

いつしか 永すぎた春が 终わりを告げたの (不知不觉间 漫长的春天宣告了结束)

いつしか ながすぎたはるが おわりをつげたの

itsushika ei sugita haru ga owari wo tsuge tano

なんて気づけば独り言 でも闻いて欲しかった (察觉到了什么而说出的自言自语 然而还是渴望听听)

なんてきづけばひとりごと でもきいてほしかった

nante kizu keba hitorigoto demo kii te hosshi katta

现実逃避 先回りして (预先逃避现实)

げんじつとうひ さきまわりして

genjitsutouhi sakimawari shite

ああではないとか こうじゃないとか (说着这也不是 那也不是)

ああではないとか こうじゃないとか

aadehanaitoka koujanaitoka

论理を振りかざして (挥舞著逻辑)

ろんりをふりかざして

ronri wo furi kazashite

ピンキリどっちもキリがないのよ (到最后 哪边都没完没了了啊)

ピンキリぴんきりどっちもキリきりがないのよ

pinkiri dotchimo kiri ganainoyo

运だの命だのどうしたいのよ (命运啦生命啦 该怎么办啊)

うんだのめいだのどうしたいのよ

un dano inochi danodoushitainoyo

爱だの恋だの意味じゃないのよ (爱情啦恋爱啦 毫无意义啊)

あいだのこいだのいみじゃないのよ

meda no koi dano imi janainoyo

切っても切っても切れぬ縁なのよ (就算剪开也无法割舍的缘分啊)

きってもきってもきれぬえんなのよ

kitsu temo kitsu temo kire nu heri nanoyo

行かないで 永すぎた春よ 四分の一の永远よ (请别走 漫长的春天啊 四分之一的永远啊)

いかないで ながすぎたはるよ よぶのいちのえいえんよ

ika naide ei sugita haru yo yonbun no ichi no eien yo

等身大の自分なんて 何処にも居なかった (无论何处都找不到与其相称的自己)

とうしんだいのじぶんなんて どこにもいなかった

toushindai no jibun nante doko nimo ina katta

いつしか 永すぎた春が 终わりを告げたの (不知不觉间 漫长的春天宣告了结束)

いつしか ながすぎたはるが おわりをつげたの

itsushika ei sugita haru ga owari wo tsuge tano

人も世も移り変わり 空だけ青いまま (人世间充满变迁 唯有天空湛蓝依旧)

ひともよもうつりかわり そらだけあおいまま

nin mo yo mo utsuri kawari sora dake aoi mama

美しいものこそが、儚いものであった。 (正因为美丽 所以虚幻)

うつくしいものこそが、はかないものであった。

utsukushi imonokosoga、 hakanai monodeatta。

 桂ICP备15001694号-2