紫阳花 – シドしど – 歌词翻译及罗马音译整理

紫阳花 – シド

残り香だけ たよりに 过ぎし日 想えば (仅借着余香 回忆起过往)

のこりがだけ たよりに すぎしひ おもえば

nokori kaori dake tayorini sugi shi nichi omoe ba

仆は弱く 枯れるまで 只 泣きました (懦弱的我 只能哭泣到最后)

ぼくはよわく かれるまで ただ なきました

bokuha yowaku kare rumade tada naki mashita

帰る场所は违うけど 伞は一つしかなくて (虽然各有不同的归处 伞却只有一把)

かえるばしょはちがうけど かさはひとつしかなくて

kaeru basho ha chigau kedo kasa ha hitotsu shikanakute

仆は濡れたくないから さよならしました (我并不想淋湿 所以就此道别)

ぼくはぬれたくないから さよならしました

bokuha nure takunaikara sayonarashimashita

紫阳花の花が咲く この道の 角を曲がったら (这条开满紫阳花的道路 转过转角)

あじさいのはながさく このみちの かどをまがったら

ajisai no hana ga saku kono michi no kaku wo magatsu tara

君の部屋まで 仅かな距离 (到你的住所为止 仅止这点距离)

きみのへやまで わずかなきょり

kun no heya made wazuka na kyori

距离が今は远く (如今却变得遥远)

きょりがいまはとおく

kyori ga ima ha tooku

少し伸びた 睫毛にかかる前髪も (已经长到盖住睫毛的浏海)

すこしのびた まつげにかかるまえがみも

sukoshi nobi ta matsuge nikakaru maegami mo

かきあげる手 爪を彩る紫も (还有梳起头发的手指上的紫彩)

かきあげるて つめをいろどるむらさきも

kakiageru te tsume wo irodoru murasaki mo

仆の知らない君を 一つ见つける度に (一度找寻着我所不知道的你)

ぼくのしらないきみを ひとつみつけるたびに

boku no shira nai kun wo hitotsu mitsu keru do ni

一年という月日を 只、 悔やみました (那一年的时光 如今只留下憾恨)

いちねんというつきひを ただ、 くやみました

ichinen toiu gappi wo tada、 kuya mimashita

再会の朝に见た それぞれの (在重逢的早晨见到了彼此的)

さいかいのあさにみた それぞれの

saikai no asa ni mita sorezoreno

暮らし背负うもの 上手く笑えない (生活与负担 无法轻易展露笑容)

くらしせおうもの うまくわらえない

kurashi seou mono umaku warae nai

仆は仆と 后悔の涡へ (我落入了后悔的漩涡)

ぼくはぼくと こうかいのうずへ

bokuha boku to koukai no uzu he

“またね” と手を振って 振り返る (互相挥手说着“再会吧”)

「またね」 とてをふって ふりかえる

「 matane 」 to te wo futsu te furikaeru

薬指には 日焼けの痕 (无名指上有着日晒的戒痕)

くすりゆびには ひやけのあと

kusuriyubi niha hiyake no ato

优しい嘘は 最初で 最后の 紫阳花の花が咲く (温柔的谎言 是最初的 也是最后的)

やさしいうそは さいしょで さいごの あじさいのはながさく

yasashii uso ha saisho de saigo no ajisai no hana ga saku

この道の 角を曲がったら (这条开满紫阳花的道路 转过转角)

このみちの かどをまがったら

kono michi no kaku wo magatsu tara

君の部屋まで 仅かな距离 (到你的住所为止 仅止这点距离)

きみのへやまで わずかなきょり

kun no heya made wazuka na kyori

距离が今は远く (如今却变得遥远)

きょりがいまはとおく

kyori ga ima ha tooku

远く (变得遥远)

とおく

tooku

 桂ICP备15001694号-2