夏の思い出 – くろきゆうき – 歌词翻译及罗马音译整理

夏日回忆 – 黒木佑树

夏の思い出 手をつないで 歩いた海岸线 ()

なつのおもいで てをつないで あるいたかいがんせん

natsu no omoide te wotsunaide arui ta kaigansen

车へ乘り込んで 向かったあの夏の日 ()

くるまへのりこんで むかったあのなつのひ

kuruma he norikon de muka ttaano natsu no nichi

なんて思い出して 感じるこの季节が ()

なんておもいだして かんじるこのきせつが

nante omoidashi te kanji rukono kisetsu ga

来るたび思い出してる 思い出せる ()

くるたびおもいだしてる おもいだせる

kuru tabi omoidashi teru omoidase ru

夏の连休 早めから计画立て 正确な集合时间 ()

なつのれんきゅう はやめからけいかくたて せいかくなしゅうごうじかん

natsu no renkyuu hayame kara keikaku tate seikaku na shuugoujikan

时间にルーズな自称“游び人”游びならダラダラせず 朝から ()

じかんにルーズるーずなじしょう「あそびにん」あそびならダラダラだらだらせず あさから

jikan ni ru-zu na jishou 「 asobi nin 」 asobi nara daradara sezu asa kara

点呼は完了 天気は良好 向かう先 夏ならではの旅行 ()

てんこはかんりょう てんきはりょうこう むかうさき なつならではのりょこう

tenko ha kanryou tenki ha ryoukou muka u saki natsu naradehano ryokou

山 川 よりやっぱ海 男女混合で最高にGroov’inな 音楽かけ ()

やま かわ よりやっぱうみ だんじょこんごうでさいこうにGroov’inな おんがくかけ

yama kawa yoriyappa umi danjokongou de saikou ni groov’in na ongaku kake

ガンガン车に照らす 阳はサンサン やる気はマンマン ()

ガンガンがんがんくるまにてらす ひはサンサンさんさん やるきはマンマンまんまん

gangan kuruma ni tera su you ha sansan yaru kiha manman

なぜなら车で ビーチボール膨らまし 头クラクラ ()

なぜならくるまで ビーチびーちボールぼーるふくらまし あたまクラクラくらくら

nazenara kuruma de bi-chibo-ru fukurama shi atama kurakura

窗を开け 切るクーラー 辛すぎるほどの暑さ 感じながら ()

まどをあけ きるクーラーくーらー つらすぎるほどのあつさ かんじながら

mado wo hirake kiru ku-ra- tsurasu giruhodono atsusa kanji nagara

ダラダラ汗流し 笑いながら过ごした夏の日 ()

ダラダラだらだらあせながし わらいながらすごしたなつのひ

daradara ase nagashi warai nagara sugo shita natsu no nichi

夏の思い出 手をつないで 歩いた海岸线 ()

なつのおもいで てをつないで あるいたかいがんせん

natsu no omoide te wotsunaide arui ta kaigansen

车へ乘り込んで 向かったあの夏の日 ()

くるまへのりこんで むかったあのなつのひ

kuruma he norikon de muka ttaano natsu no nichi

なんて思い出して 感じるこの季节が ()

なんておもいだして かんじるこのきせつが

nante omoidashi te kanji rukono kisetsu ga

来るたび思い出してる 思い出せる ()

くるたびおもいだしてる おもいだせる

kuru tabi omoidashi teru omoidase ru

一人だけで过ごす夏の日に (夏の日あの时 思い出す场面) ()

ひとりだけですごすなつのひに (なつのひあのとき おもいだすばめん)

hitori dakede sugo su natsu no nichi ni ( natsu no nichi ano toki omoidasu bamen)

振り返るとき ()

ふりかえるとき

furikaeru toki

来るだけで また思い出してく 夏の日 物语 ()

くるだけで またおもいだしてく なつのひ ものがたり

kuru dakede mata omoidashi teku natsu no nichi monogatari

また 増えてゆくだけ ()

また ふえてゆくだけ

mata fue teyukudake

夏の思い出 手をつないで 歩いた海岸线 ()

なつのおもいで てをつないで あるいたかいがんせん

natsu no omoide te wotsunaide arui ta kaigansen

车へ乘り込んで 向かったあの夏の日 ()

くるまへのりこんで むかったあのなつのひ

kuruma he norikon de muka ttaano natsu no nichi

なんて思い出して 感じるこの季节が ()

なんておもいだして かんじるこのきせつが

nante omoidashi te kanji rukono kisetsu ga

来るたび思い出してる 思い出せる ()

くるたびおもいだしてる おもいだせる

kuru tabi omoidashi teru omoidase ru

终わりはかない 夏は待たない だが夏へのこの思いはやまない ()

おわりはかない なつはまたない だがなつへのこのおもいはやまない

owari hakanai natsu ha mata nai daga natsu henokono omoi hayamanai

辛すぎる暑さ 思い出すはずさ 遥か いやまた待ったら夏だ ()

からすぎるあつさ おもいだすはずさ はるか いやまたまったらなつだ

tsurasu giru atsusa omoidasu hazusa haruka iyamata matsu tara natsu da

夏から秋って だったら何? 夏物语りを待つものばかり ()

なつからあきって だったらなに? なつものがたりをまつものばかり

natsu kara aki tte dattara nani ? natsumono katari wo matsu monobakari

思い出せる? 思いかげる间もなく 俺らまた夏に会える ()

おもいだせる? おもいかげるまもなく おれらまたなつにあえる

omoidase ru ? omoi kageru kan monaku ore ramata natsu ni ae ru

 桂ICP备15001694号-2