四季折の羽 – とりこ – 歌词翻译及罗马音译整理

四季折之羽 – 鸟子

舞い落ちる粉雪が 山の背を白く染める (飘然落下的细雪 将山背染成白色)

まいおちるこなゆきが やまのせをしろくそめる

mai ochiru konayuki ga yama no se wo shiroku some ru

寂れた村の あばら家で (在萧条的村庄的破旧房屋里)

さびれたむらの あばらやで

jaku reta mura no abara ie de

二人、身を寄せ合う 冬の夜 (两个人,在冬夜里相互依偎)

ふたり、みをよせあう ふゆのよる

futari、 miwo yose au fuyu no yoru

“出会った日も、雪だった” (“相遇的那天也是,下着雪呢”)

「であったひも、ゆきだった」

「 deatsu ta nichi mo、 yuki datta 」

あなたが 微笑みつぶやく (你微笑着低语道)

あなたが ほほえみつぶやく

anataga hohoemi tsubuyaku

囲炉里火に火照った颜を (而我将被地炉的火照得暖暖的脸)

いろりびにほてったかおを

irori hi ni hi shou tta kao wo

大きな袖の影に隠した (藏入大大的袖子的阴影中)

おおきなそでのかげにかくした

ooki na sode no kage ni kakushi ta

春の访れを 息吹の歓び さえずる鸟达と 歌う (与在欢乐的气氛中 鸣啭著春天的到访的鸟儿们 一同歌唱)

はるのおとずれを いぶきのよろこび さえずるとりたちと うたう

haru no otozure wo ibuki no kan bi saezuru toritachi to utau

“绮丽な声だね”と あなたが言った (“真好听的声音呢” 你这样说着)

「きれいなこえだね」と あなたがいった

「 kirei na koe dane 」 to anataga itsutsu ta

ただそれが、その言叶が、嬉しくて (只是那句,那句话语,令我无比喜悦)

ただそれが、そのことばが、うれしくて

tadasorega、 sono kotoba ga、 ureshi kute

“いつか、绮丽な声が出なくなっても、 (“如果有一天,我再也不能发出好听的声音了,)

「いつか、きれいなこえがでなくなっても、

「 itsuka、 kirei na koe ga dena kunattemo、

それでも、私を爱してくれますか?” (就算那样,你还会爱着我吗?”)

それでも、わたしをあいしてくれますか?」

soredemo、 watashi wo itoshi tekuremasuka ? 」

“当たり前だよ”って 优しく笑い (说着“那是当然的了” 你温柔地露出了笑容)

「あたりまえだよ」って やさしくわらい

「 atarimae dayo 」 tte yasashi ku warai

そっと 大きな手が頬を抚でた (轻轻地 用宽厚的手掌抚摸我的脸颊)

そっと おおきなてがほおをなでた

sotto ooki na tega hoo wo nade ta

青叶照る夏の午后 あなたが病に倒れた (太阳照着青叶的夏日午后 你因病而倒下)

あおばてるなつのごご あなたがやまいにたおれた

aoba teru natsu no gogo anataga yani taore ta

贫しい夫妇暮らしでは (对于过着贫穷日子的夫妇来说)

まずしいめおとぐらしでは

mazushii fuufu kurashi deha

あなたを治す薬は 买えない (连能将你治好的药 也买不起)

あなたをなおすくすりは かえない

anatawo naosu kusuri ha kae nai

明くる日も 明くる日も (下一天也好 再下一天也好)

あくるひも あくるひも

aku ru nichi mo aku ru nichi mo

ただ、ひたすらに机を织る (只是,一心地织著布)

ただ、ひたすらにはたをおる

tada、 hitasurani ki wo oru

儚き红叶の叶のように (就像虚幻的红叶的叶子)

はかなきもみじのはのように

bou ki kouyou no ha noyouni

あなたの命を、散らせはしない (不想让你的生命,就此消散)

あなたのいのちを、ちらせはしない

anatano inochi wo、 chira sehashinai

季节は流れて (季节流转)

きせつはながれて

kisetsu ha nagare te

夏の终わりを告げる铃虫が リン、と鸣く (宣告著夏季的结束的铃虫 发出了“铃”的叫声)

なつのおわりをつげるすずむしが リンりん、となく

natsu no owari wo tsuge ru suzumushi ga rin、 to naku

“绮丽な指だね”と (“真漂亮的手指呢”)

「きれいなゆびだね」と

「 kirei na yubi dane 」 to

伤だらけの手を握る、その手が (将满是伤痕的手握住的,那只手)

きずだらけのてをにぎる、そのてが

kizu darakeno te wo nigiru、 sono tega

あまりにも冷たくて… (十分的冰冷……)

あまりにもつめたくて…

amarinimo tsumeta kute …

“いつか绮丽な指がなくなっても、 (“如果有一天,我再也没有漂亮的手指了,)

「いつかきれいなゆびがなくなっても、

「 itsuka kirei na yubi ganakunattemo、

それでも私を爱してくれますか?” (就算那样,你还会爱着我吗?”)

それでもわたしをあいしてくれますか?」

soredemo watashi wo itoshi tekuremasuka ? 」

“当たり前だよ”って 咳込みながら (说着“那是当然的了” 你一边咳嗽著)

「あたりまえだよ」って せきこみながら

「 atarimae dayo 」 tte seki komi nagara

痛む指を 大きな手が包んだ (一边用宽厚的手掌 将疼痛的手指包裹住)

いたむゆびを おおきなてがつつんだ

itamu yubi wo ooki na tega tsutsun da

昼も夜も 机を织り続けて (白昼也好黑夜也好 持续不断地织著布)

ひるもよるも はたをおりつづけて

hiru mo yoru mo ki wo ori tsuzuke te

早く早く、薬を买わなければ… (快一点,快一点,不买到药的话…)

はやくはやく、くすりをかわなければ…

hayaku hayaku、 kusuri wo kawa nakereba …

もう少し、あと少し、红叶が散る前に (再一会儿,再一会儿,在红叶落尽之前)

もうすこし、あとすこし、もみじがちるまえに

mou sukoshi、 ato sukoshi、 kouyou ga chiru mae ni

この指が止まるまで… この羽が、尽きるまで… (直到这手指停下为止…… 直到这羽毛,用尽为止……)

このゆびがとまるまで… このはねが、つきるまで…

kono yubi ga toma rumade … kono hane ga、 kotogotoki rumade …

“いつか、私がヒトじゃなくなっても、 (“如果有一天,我再也不是人类了,)

「いつか、わたしがヒトひとじゃなくなっても、

「 itsuka、 watashi ga hito janakunattemo、

あなたは、私を爱してくれますか?” (你还会,继续爱着我吗?”)

あなたは、わたしをあいしてくれますか?」

anataha、 watashi wo itoshi tekuremasuka ? 」

怖くて真実は告げられぬまま (因为害怕而一直不敢告知真实)

こわくてしんじつはつげられぬまま

kowaku te shinjitsu ha tsuge rarenumama

そっと ひとり、最后の羽を折り… (轻轻地 独自,将最后的羽毛折下…)

そっと ひとり、さいごのはねをおり…

sotto hitori、 saigo no hane wo ori …

“当たり前だよ”って 仆は笑い (说着“那是当然的了”我露出了笑容)

「あたりまえだよ」って ぼくはわらい

「 atarimae dayo 」 tte bokuha warai

翼を失くした君を抱きしめ、言った (将失去了翅膀的你紧紧抱住,轻声说着)

つばさをなくしたきみをだきしめ、いった

tsubasa wo naku shita kun wo daki shime、 itsutsu ta

绮丽に羽ばたいた あの日の鹤を (那一天展翅高飞的美丽的仙鹤)

きれいにはばたいた あのひのつるを

kirei ni hane bataita ano nichi no tsuru wo

ずっと、今でも覚えているよ (我一直,直到今天还仍然记着哦)

ずっと、いまでもおぼえているよ

zutto、 ima demo oboe teiruyo

そして 変わらず君を 爱しているよ (然后 我会继续不变地 深爱着你)

そして かわらずきみを あいしているよ

soshite kawa razu kun wo itoshi teiruyo

 桂ICP备15001694号-2