群青日和 – とうきょうじへん – 歌词翻译及罗马音译整理

群青日和 – 东京事変

新宿は豪雨 あなた何処へやら (新宿豪雨 你似乎要往哪里去)

しんじゅくはごうう あなたどこへやら

shinjuku ha gouu anata doko heyara

今日が青く冷えてゆく东京 (今天持续苍白发冷的东京)

きょうがあおくひえてゆくとうきょう

kyou ga aoku hie teyuku toukyou

戦略は皆无 わたし何処へやら (束手无策 我似乎要往哪里去)

せんりゃくはかいむ わたしどこへやら

senryaku ha kaimu watashi doko heyara

脳が水滴を夺って干く (脑中水滴被一点一点偷取吸干)

のうがすいてきをうばってかわく

nou ga suiteki wo ubatsu te kawaku

“泣きたい気持ちは连なって冬に雨を赍している”と、云うと (“想哭的心情排列成一列雨滴降临着冬季”我一这么,说出口)

「なきたいきもちはつらなってふゆにあめをもたらしている」と、いうと

「 naki tai kimochi ha tsurana tte fuyu ni ame wo sei shiteiru 」 to、 iu to

疑わぬあなた“嘘だって好くて沢山の矛盾が丁度善い”と (毫无疑问地“即使说谎也好成堆的矛盾正适得其意”)

うたがわぬあなた「うそだってよくてたくさんのむじゅんがちょうどいい」と

utagawa nuanata 「 uso datte suku te takusan no mujun ga choudo yoi 」 to

答にならぬ”高い无料(ただ)の论理”で (你以”高度的无价理论”敷衍)

こたえにならぬ”たかいむりょう(ただ)のろんり”で

kotae ninaranu ” takai muryou ( tada) no ronri ” de

嘘を嘘だといなすことで即刻関系の无いヒトとなる (谎言就是谎言 使得我们立即成为无关系的他人)

うそをうそだといなすことでそっこくかんけいのないヒトひととなる

uso wo uso datoinasukotode sokkoku kankei no nai hito tonaru

演技をしているんだ (我在演戏)

えんぎをしているんだ

engi woshiteirunda

あなただってきっとそうさ (即便你也一定是的)

あなただってきっとそうさ

anatadattekittosousa

当事者を回避している (当事者在回避)

とうじしゃをかいひしている

toujisha wo kaihi shiteiru

兴味が涌いたって (因为涌现了兴趣)

きょうみがわいたって

kyoumi ga wai tatte

据え膳の完成を待って (等候着现成的结果完成)

すえぜんのかんせいをまって

sue zen no kansei wo matsu te

何とも思わない振りで笑う (装做什么都不知情般地笑着)

なんともおもわないぶりでわらう

nanto mo omowa nai furi de warau

突き刺す十二月と伊势丹の息が合わさる冲突地点 (刺骨的十二月跟伊势丹相互协调的冲突地点)

つきさすじゅうにがつといせたんのいきがあわさるしょうとつちてん

tsuki sasu juunigatsu to isetan no iki ga awa saru shoutotsu chiten

少しあなたを思い出す体感温度 (稍稍让人想起了你的体温)

すこしあなたをおもいだすたいかんおんど

sukoshi anatawo omoidasu taikan’ondo

答は无いの? 谁かの所为(せい)にしたい (真的没有回答吗?想要为了某人而做点什么)

こたえはないの? だれかのしょい(せい)にしたい

kotaha nai no ? dareka no shoi ( sei) nishitai

ちゃんと教育して叱ってくれ (好好教训我责骂我啊)

ちゃんときょういくしてしかってくれ

chanto kyouiku shite shikatsu tekure

新宿は豪雨 谁か此処へ来て (新宿下着豪雨 谁啊来到这儿吧)

しんじゅくはごうう だれかここへきて

shinjuku ha gouu dareka koko he kite

青く燃えてゆく东京の日 (苍白燃烧着的东京之日)

あおくもえてゆくとうきょうのひ

aoku moe teyuku toukyou no nichi

 桂ICP备15001694号-2