花降らし – pazi – 歌词翻译及罗马音译整理

花落 – pazi

花びらが宙に浮いた 舞った一足のサンダル (花瓣飘浮空中 起舞的一双凉鞋)

はなびらがちゅうにういた まったひとあしのサンダルさんだる

hanabira ga chuu ni ui ta matsu ta issoku no sandaru

身体ごと宙に浮いて 飞んでしまえたら私は はらはらはら (我的身体亦一同飘浮空中 就此飞舞飘散落下)

からたごとちゅうにういて とんでしまえたらわたしは はらはらはら

shintai goto chuu ni ui te ton deshimaetara watashi ha haraharahara

一人で踊ってるだけ ただそれだけだ (我独自起舞 不过就是如此而已)

ひとりでおどってるだけ ただそれだけだ

hitori de odotsu terudake tadasoredakeda

春先の空気が澄んでいたから 赤いサンダルを履いて (因为初春的天气十分清爽 所以就穿起红色的凉鞋)

はるさきのくうきがすんでいたから あかいサンダルさんだるをはいて

harusaki no kuuki ga sun deitakara akai sandaru wo hai te

出かけた先のあの并木のことはあなたから闻いていた (在要去的地方的那些路旁树从你那裹听来)

でかけたさきのあのなみきのことはあなたからきいていた

deka keta sakino ano namiki nokotohaanatakara kii teita

桜が并ぶらしい (好像是成列的樱花树吧)

さくらがならぶらしい

sakura ga narabu rashii

颜を伏せるように 歩く人が多いから嫌になって (路上许多低着头走路的人 所以感到讨厌)

かおをふせるように あるくひとがおおいからやになって

kao wo fuse ruyouni aruku nin ga ooi kara iyani natte

そしたら飞んでいた桜が切に愉快に见えたから (那样看起来飞舞的樱花看起来令人感到愉快)

そしたらとんでいたさくらがせつにゆかいにみえたから

soshitara ton deita sakura ga setsuni yukai ni mie takara

この道で踊ってやろうと思った (不禁想要在这路上起舞呢)

このみちでおどってやろうとおもった

kono michi de odotsu teyarouto omotsu ta

タッタラタ ラッタッタ 足を运ぶ (哒哒啦哒 啦哒哒 一直走着)

タッタたったラタらた ラッタッタらったった あしをはこぶ

tattarata rattatta ashi wo hakobu

タッタラタ ラッタッタ 音を鸣らす (哒哒啦哒 啦哒哒 呜响声音)

タッタたったラタらた ラッタッタらったった おとをならす

tattarata rattatta oto wo nara su

タッタラタ ラッタッタ 春を踊るのさ (哒哒啦哒 啦哒哒 起舞于春日之中)

タッタたったラタらた ラッタッタらったった はるをおどるのさ

tattarata rattatta haru wo odoru nosa

桜の下で (樱花之下)

さくらのしたで

sakura no shita de

花びらが宙に浮いた 舞った一足のサンダル (花瓣飘浮空中 起舞的一双凉鞋)

はなびらがちゅうにういた まったひとあしのサンダルさんだる

hanabira ga chuu ni ui ta matsu ta issoku no sandaru

身体ごと宙に浮いて 飞んでしまえたら私は はらはらはら (我的身体亦一同飘浮空中 就此飞舞飘散落下)

からたごとちゅうにういて とんでしまえたらわたしは はらはらはら

shintai goto chuu ni ui te ton deshimaetara watashi ha haraharahara

一人で踊ってるだけ ただそれだけだ (我独自起舞 不过就是如此而已)

ひとりでおどってるだけ ただそれだけだ

hitori de odotsu terudake tadasoredakeda

并木を抜けるほど歩く人の 冷めた视线も気にならなくなる (对急步走过路边树的路人们 所投以的冰冷视线毫不在意)

なみきをぬけるほどあるくひとの さめたしせんもきにならなくなる

namiki wo nuke ruhodo aruku nin no same ta shisen mo kini naranakunaru

足がもつれても、髪が解けても何か楽しかった (即使双腿不听使唤 即使头发解开了 却不禁感到高兴)

あしがもつれても、かみがほどけてもなにかたのしかった

ashi gamotsuretemo、 kami ga toke temo nanika tanoshi katta

背を曲げて生きてる私じゃないみたいだ (就好像不再是那个屈身而活的自己似的)

せをまげていきてるわたしじゃないみたいだ

se wo mage te iki teru watashi janaimitaida

花びらの落ち方にだって あなたとの思い出が溢れる (即便是花瓣落下的模样 亦充满着与你一起的回忆)

はなびらのおちかたにだって あなたとのおもいでがあふれる

hanabira no ochi hou nidatte anatatono omoide ga afure ru

うるさいくらいに私を覆うそれを あなたに教えないと (“令人烦厌那般掩盖着我的那物、我是不会告诉你的”)

うるさいくらいにわたしをおおうそれを あなたにおしえないと

urusaikuraini watashi wo oou sorewo anatani oshie naito

あなたの葬式を见た なんてことのないアイロニー (看到了的你葬礼 有种不足为道的讽刺)

あなたのそうしきをみた なんてことのないアイロニーあいろにー

anatano soushiki wo mita nantekotononai aironi-

形だけ何か述べて通り过ぎ行く あぁ、私は はらはらはら (只是形式上记述著些什么就走过了 啊 我扑簌泪下)

かたちだけなにかのべてとおりすぎゆく あぁ、わたしは はらはらはら

katachi dake nanika nobe te touri sugi iku aa、 watashi ha haraharahara

一人俯いてるだけ、ただそれだけだ (独自低着头 不过就是如此而已)

ひとりうつむいてるだけ、ただそれだけだ

hitori fu iterudake、 tadasoredakeda

花びらが宙に浮いた 舞った一足のサンダル (花瓣飘浮空中 起舞的一双凉鞋)

はなびらがちゅうにういた まったひとあしのサンダルさんだる

hanabira ga chuu ni ui ta matsu ta issoku no sandaru

贵方ごと宙に消えて 行ってしまえたら 私は はらはらはら (如果你的全部飘到空中去向远方 我只能飘散落下)

あなたごとちゅうにきえて いってしまえたら わたしは はらはらはら

anata goto chuu ni kie te itsu teshimaetara watashi ha haraharahara

一人で踊ってるだけ 式日を背に (摇摇曳曳一个人跳起舞来 背朝着你的忌日)

ひとりでおどってるだけ しきじつをせに

hitori de odotsu terudake shikijitsu wo se ni

一人俯いてるだけ ただそれだけだ (独自垂首 不过就是如此而已)

ひとりうつむいてるだけ ただそれだけだ

hitori fu iterudake tadasoredakeda

 桂ICP备15001694号-2