つきかげはしる – はっとりあずさ(CV.さくらあやね) – 歌词翻译及罗马音译整理

つきかげはしる – 服部梓(CV.佐仓绫音)

误魔化しては 暖帘に押して ()

ごまかしては のれんにおして

gomakashi teha noren ni oshi te

“本音は何?”と诘め寄られても ()

「ほんねはなに?」とつめよられても

「 honne ha nani ? 」 to tsume yora retemo

嘘も诚 诚も嘘なら ()

うそもまこと まこともうそなら

uso mo makoto makoto mo uso nara

おそらく本音は “ない” のでしょう ()

おそらくほんねは “ない” のでしょう

osoraku honne ha ” nai ” nodeshou

月に寻ぬ ちぢに物こそ わが身のものにはあられど ()

つきにひろぬ ちぢにものこそ わがみのものにはあられど

gatsu ni tazunu chijini mono koso waga mino mononihaararedo

なんて ちょっと気取ればなにか 思わせぶりに 见えるでしょ ()

なんて ちょっときどればなにか おもわせぶりに みえるでしょ

nante chotto kidore bananika omowa seburini mie rudesho

谁もいない 夜ふけにさざむ 虫の声に まぎる吐息が ()

だれもいない よふけにさざむ むしのこえに まぎるといきが

daremo inai yoru fukenisazamu mushi no koe ni magiru toiki ga

隙间に讯ねた 风の如く 空に影を落として ()

すきまにたずねた かぜのごとく そらにかげをおとして

sukima ni tazune ta kaze no gotoku sora ni kage wo oto shite

月に语りかければ 响く声を 风が攫う ()

つきにかたりかければ ひびくこえを かぜがさらう

gatsu ni katari kakereba hibiku koe wo kaze ga sarau

まるで何事も何者も最初から ()

まるでなにごともなにものもさいしょから

marude nanigoto mo nanimono mo saisho kara

いないかの如く それでいいと望む云は ()

いないかのごとく それでいいとのぞむくもは

inaikano gotoku soredeiito nozomu kumo ha

特に何もなく 流れていく ()

とくになにもなく ながれていく

tokuni nanimo naku nagare teiku

地味ですってば 忍者はわりと ()

じみですってば にんじゃはわりと

jimi desutteba ninja hawarito

期待した目で见つめられても ()

きたいしためでみつめられても

kitaishi ta mede mitsu meraretemo

ハデな术は 目立つだけですし ()

ハデはでなじゅつは めだつだけですし

hade na jutsu ha medatsu dakedesushi

ニンニンとかも 言いませんから ()

ニンニンにんにんとかも いいませんから

ninnin tokamo ii masenkara

さても さてさて お立ち会い これぞ 天下暗跃の忍び ()

さても さてさて おたちあい これぞ てんかあんやくのしのび

satemo satesate o tachiai korezo tenka anyaku no shinobi

烟遁 火遁 水遁 土遁 他にリクエストもどうぞ ()

えんとん かとん すいとん どとん ほかにリクエストりくえすともどうぞ

kemuri ton hi ton mizu ton tsuchi ton hokani rikuesuto modouzo

ちょいと ご机嫌伺いまして 兴じるはナミダナサケ ()

ちょいと ごきげんうかがいまして きょうじるはナミダなみだナサケなさけ

choito go kigen ukagai mashite kyouji ruha namidanasake

笑い声に混じる 不意 の未熟は 人に知れず諌めて ()

わらいごえにまじる ふい のみじゅくは ひとにしれずいさめて

warai koe ni maji ru fui no mijuku ha nin ni shire zu isame te

山を越え谷を越え 风を操るエージェント ()

やまをこえたにをこえ かぜをあやつるエージェントえーじぇんと

yama wo koe tani wo koe kaze wo ayatsuru e-jiento

极む早业で 消える 现れる ()

きわむはやわざで きえる あらわれる

kiwamu hayawaza de kie ru araware ru

もしも见つけた时は みんなには内绪でござる ()

もしもみつけたときは みんなにはないしょでござる

moshimo mitsu keta toki ha minnaniha naisho degozaru

月に映る影 襟がなびく ()

つきにうつるかげ えりがなびく

gatsu ni utsuru kage eri ganabiku

月を见つめていた 月に见つめられていた ()

つきをみつめていた つきにみつめられていた

gatsu wo mitsu meteita gatsu ni mitsu merareteita

谁も知らない 自分でも知らない自分を ()

だれもしらない じぶんでもしらないじぶんを

daremo shira nai jibun demo shira nai jibun wo

月に寻ねてみた 月は答えないけれど ()

つきにたずねてみた つきはこたえないけれど

gatsu ni tazune temita gatsu ha kotae naikeredo

それでいい ()

それでいい

soredeii

夜に影を隠せば 响くは 微か虫の音か ()

よるにかげをかくせば ひびくは かすかむしのねか

yoru ni kage wo kakuse ba hibiku ha kasuka mushi no oto ka

まるで何事も何者も最初から ()

まるでなにごともなにものもさいしょから

marude nanigoto mo nanimono mo saisho kara

いないかの如く それでいいと望む云は ()

いないかのごとく それでいいとのぞむくもは

inaikano gotoku soredeiito nozomu kumo ha

心乱れなく 流れていく ()

こころみだれなく ながれていく

kokoro midare naku nagare teiku

 桂ICP备15001694号-2