鸟の诗 – Lia – 歌词翻译及罗马音译整理

鸟之诗 – Lia

消える飞行机云 仆たちは见送った (我们目送著逐渐消失的飞机云彩)

きえるひこうきぐも ぼくたちはみおくった

kie ru hikouki kumo boku tachiha miokutsu ta

眩しくて逃げた いつだって弱くて (由于太过刺眼 总是脆弱的逃开了视线)

まぶしくてにげた いつだってよわくて

mabushi kute nige ta itsudatte yowaku te

あの日から変わらず いつまでも変わらずに (从那天开始就没有改变 无论多久都未曾改变)

あのひからかわらず いつまでもかわらずに

ano nichi kara kawa razu itsumademo kawa razuni

いられなかったこと 悔しくて指を离す (但并没有所谓的永恒不变 所以悔恨的松开了手指)

いられなかったこと くやしくてゆびをはなす

irarenakattakoto kuyashi kute yubi wo hanasu

あの鸟は まだ うまく飞べないけど (虽然那只鸟还不能顺利的飞翔)

あのとりは まだ うまくとべないけど

ano tori ha mada umaku tobe naikedo

いつかは 风を切って知る (但总有一天可以破风飞驰)

いつかは かぜをきってしる

itsukaha kaze wo kitsu te shiru

届かない场所が まだ远くにある (无法到达的地方还在遥远的地方)

とどかないばしょが まだとおくにある

todoka nai basho ga mada tooku niaru

愿いだけ秘めて 见つめてる (只好把愿望藏在心中 凝望远方)

ねがいだけひめて みつめてる

negai dake hime te mitsu meteru

子供たちは 夏の线路 歩く (孩子们走在夏日的轨道上)

こどもたちは なつのせんろ あるく

kodomo tachiha natsu no senro aruku

吹く风に素足をさらして (吹拂的风 洗涤著一双赤脚)

ふくかぜにすあしをさらして

fuku kaze ni suashi wosarashite

远くには幼かった日びを (在远方的 是幼年时期的日子)

とおくにはおさなかったひびを

tooku niha osanaka tta nichi biwo

両手には 飞び立つ希望を (在双手的 是飞跃出去的希望)

りょうてには とびたつきぼうを

ryoute niha tobi tatsu kibou wo

消える飞行机云 追いかけて 追いかけて (一直追赶着 渐渐消失的飞机云彩)

きえるひこうきぐも おいかけて おいかけて

kie ru hikouki kumo oi kakete oi kakete

この丘を越えた あの日から変わらず (越过这片山丘 从那天开始就未曾改变)

このおかをこえた あのひからかわらず

kono oka wo koe ta ano nichi kara kawa razu

いつまでも 真っ直ぐに (直到永远 纯真直率)

いつまでも まっすぐに

itsumademo massugu guni

仆たちはあるように わたつみのような (就像我们一样 如海神一般的)

ぼくたちはあるように わたつみのような

boku tachihaaruyouni watatsuminoyouna

强さを守れるよ きっと (坚强一定能够坚守)

つよさをまもれるよ きっと

tsuyosa wo mamore ruyo kitto

あの空を回る 风车の羽根たちは (回荡在那空中的许多风车扇叶)

あのそらをまわる ふうしゃのはねたちは

ano sora wo mawaru fuusha no hane tachiha

いつまでも同じ梦见る (总是做着相同的梦)

いつまでもおなじゆめみる

itsumademo onaji yumemi ru

届かない场所を ずっと见つめてる (持续的凝望着 那无法到达的地方)

とどかないばしょを ずっとみつめてる

todoka nai basho wo zutto mitsu meteru

愿いを秘めた鸟の梦を 振り返る (将愿望埋藏在心里做着鸟之梦 回头望去)

ねがいをひめたとりのゆめを ふりかえる

negai wo hime ta tori no yume wo furikaeru

灼けた线路 覆う 入道云 形を変えても (是烧烫的轨道 即便遮盖了轨道的积雨云 改变了形状)

やけたせんろ おおう にゅうどうぐも かたちをかえても

yake ta senro oou nyuudougumo katachi wo kae temo

仆らは覚えていて どうか (只盼望 我们还能记得)

ぼくらはおぼえていて どうか

bokura ha oboe teite douka

季节が残した昨日を (季节所遗留下来的昨日回忆)

きせつがのこしたきのうを

kisetsu ga nokoshita kinou wo

消える飞行机云 追いかけて 追いかけて (一直追赶着 渐渐消失的飞机云彩)

きえるひこうきぐも おいかけて おいかけて

kie ru hikouki kumo oi kakete oi kakete

早すぎる合図 ふたり笑い出してる (太早打出的暗号 让我俩相视而笑)

はやすぎるあいず ふたりわらいだしてる

hayasu giru aizu futari warai dashi teru

いつまでも 真っ直ぐに (直到永远 就像纯真直率的)

いつまでも まっすぐに

itsumademo massugu guni

眼差しはあるように 汗が渗んでも (视线一般 即使汗水渗出)

まなざしはあるように あせがにじんでも

manazashi haaruyouni ase ga shin ndemo

手を离さないよ ずっと (我也永远不会放开这双手)

てをはなさないよ ずっと

te wo hanasa naiyo zutto

消える飞行机云 仆たちは见送った (我们目送著逐渐消失的飞机云彩)

きえるひこうきぐも ぼくたちはみおくった

kie ru hikouki kumo boku tachiha miokutsu ta

眩しくて逃げた いつだって弱くて (由于太过刺眼 总是脆弱的逃开了视线)

まぶしくてにげた いつだってよわくて

mabushi kute nige ta itsudatte yowaku te

あの日から変わらず いつまでも変わらずに (从那天开始就没有改变 无论多久都未曾改变)

あのひからかわらず いつまでもかわらずに

ano nichi kara kawa razu itsumademo kawa razuni

いられなかったこと 悔しくて指を离す (但并没有所谓的永恒不变 所以悔恨的松开了手指)

いられなかったこと くやしくてゆびをはなす

irarenakattakoto kuyashi kute yubi wo hanasu

鸟の诗 – Lia – 歌词翻译及罗马音译整理

鸟之诗 – Lia

消える飞行机云 仆たちは见送った (我们目送著逐渐消失的飞机云彩)

きえるひこうきぐも ぼくたちはみおくった

kie ru hikouki kumo boku tachiha miokutsu ta

眩しくて逃げた いつだって弱くて (由于太过刺眼 总是脆弱的逃开了视线)

まぶしくてにげた いつだってよわくて

mabushi kute nige ta itsudatte yowaku te

あの日から変わらず いつまでも変わらずに (从那天开始就没有改变 无论多久都未曾改变)

あのひからかわらず いつまでもかわらずに

ano nichi kara kawa razu itsumademo kawa razuni

いられなかったこと 悔しくて指を离す (但并没有所谓的永恒不变 所以悔恨的松开了手指)

いられなかったこと くやしくてゆびをはなす

irarenakattakoto kuyashi kute yubi wo hanasu

あの鸟は まだ うまく飞べないけど (虽然那只鸟还不能顺利的飞翔)

あのとりは まだ うまくとべないけど

ano tori ha mada umaku tobe naikedo

いつかは 风を切って知る (但总有一天可以破风飞驰)

いつかは かぜをきってしる

itsukaha kaze wo kitsu te shiru

届かない场所が まだ远くにある (无法到达的地方还在遥远的地方)

とどかないばしょが まだとおくにある

todoka nai basho ga mada tooku niaru

愿いだけ秘めて 见つめてる (只好把愿望藏在心中 凝望远方)

ねがいだけひめて みつめてる

negai dake hime te mitsu meteru

子供たちは 夏の线路 歩く (孩子们走在夏日的轨道上)

こどもたちは なつのせんろ あるく

kodomo tachiha natsu no senro aruku

吹く风に素足をさらして (吹拂的风 洗涤著一双赤脚)

ふくかぜにすあしをさらして

fuku kaze ni suashi wosarashite

远くには幼かった日びを (在远方的 是幼年时期的日子)

とおくにはおさなかったひびを

tooku niha osanaka tta nichi biwo

両手には 飞び立つ希望を (在双手的 是飞跃出去的希望)

りょうてには とびたつきぼうを

ryoute niha tobi tatsu kibou wo

消える飞行机云 追いかけて 追いかけて (一直追赶着 渐渐消失的飞机云彩)

きえるひこうきぐも おいかけて おいかけて

kie ru hikouki kumo oi kakete oi kakete

この丘を越えた あの日から変わらず (越过这片山丘 从那天开始就未曾改变)

このおかをこえた あのひからかわらず

kono oka wo koe ta ano nichi kara kawa razu

いつまでも 真っ直ぐに (直到永远 纯真直率)

いつまでも まっすぐに

itsumademo massugu guni

仆たちはあるように わたつみのような (就像我们一样 如海神一般的)

ぼくたちはあるように わたつみのような

boku tachihaaruyouni watatsuminoyouna

强さを守れるよ きっと (坚强一定能够坚守)

つよさをまもれるよ きっと

tsuyosa wo mamore ruyo kitto

あの空を回る 风车の羽根たちは (回荡在那空中的许多风车扇叶)

あのそらをまわる ふうしゃのはねたちは

ano sora wo mawaru fuusha no hane tachiha

いつまでも同じ梦见る (总是做着相同的梦)

いつまでもおなじゆめみる

itsumademo onaji yumemi ru

届かない场所を ずっと见つめてる (持续的凝望着 那无法到达的地方)

とどかないばしょを ずっとみつめてる

todoka nai basho wo zutto mitsu meteru

愿いを秘めた鸟の梦を 振り返る (将愿望埋藏在心里做着鸟之梦 回头望去)

ねがいをひめたとりのゆめを ふりかえる

negai wo hime ta tori no yume wo furikaeru

灼けた线路 覆う 入道云 形を変えても (是烧烫的轨道 即便遮盖了轨道的积雨云 改变了形状)

やけたせんろ おおう にゅうどうぐも かたちをかえても

yake ta senro oou nyuudougumo katachi wo kae temo

仆らは覚えていて どうか (只盼望 我们还能记得)

ぼくらはおぼえていて どうか

bokura ha oboe teite douka

季节が残した昨日を (季节所遗留下来的昨日回忆)

きせつがのこしたきのうを

kisetsu ga nokoshita kinou wo

消える飞行机云 追いかけて 追いかけて (一直追赶着 渐渐消失的飞机云彩)

きえるひこうきぐも おいかけて おいかけて

kie ru hikouki kumo oi kakete oi kakete

早すぎる合図 ふたり笑い出してる (太早打出的暗号 让我俩相视而笑)

はやすぎるあいず ふたりわらいだしてる

hayasu giru aizu futari warai dashi teru

いつまでも 真っ直ぐに (直到永远 就像纯真直率的)

いつまでも まっすぐに

itsumademo massugu guni

眼差しはあるように 汗が渗んでも (视线一般 即使汗水渗出)

まなざしはあるように あせがにじんでも

manazashi haaruyouni ase ga shin ndemo

手を离さないよ ずっと (我也永远不会放开这双手)

てをはなさないよ ずっと

te wo hanasa naiyo zutto

消える飞行机云 仆たちは见送った (我们目送著逐渐消失的飞机云彩)

きえるひこうきぐも ぼくたちはみおくった

kie ru hikouki kumo boku tachiha miokutsu ta

眩しくて逃げた いつだって弱くて (由于太过刺眼 总是脆弱的逃开了视线)

まぶしくてにげた いつだってよわくて

mabushi kute nige ta itsudatte yowaku te

あの日から変わらず いつまでも変わらずに (从那天开始就没有改变 无论多久都未曾改变)

あのひからかわらず いつまでもかわらずに

ano nichi kara kawa razu itsumademo kawa razuni

いられなかったこと 悔しくて指を离す (但并没有所谓的永恒不变 所以悔恨的松开了手指)

いられなかったこと くやしくてゆびをはなす

irarenakattakoto kuyashi kute yubi wo hanasu

 桂ICP备15001694号-2