桜花忍法帖 – おんみょうざ – 歌词翻译及罗马音译整理

桜花忍法帖 – 阴阳座

眼指しで 杀したい 络む暗に 诤う 念い (凌厉锐目间 充满杀意 暗流涌动下 斗争之念)

まなざしで ころしたい からむやみに あらがう おもい

me sashi de koroshi tai karamu yami ni isakau nen i

强く 両の眼に 宿して (在坚毅的双瞳里 闪烁)

つよく りょうのめに やどして

tsuyoku ryou no me ni yado shite

情热を 闭じ込めて 里切れれば 泪は 要らぬ (激情 锁至心底 若是背叛 自不必落泪)

じょうねつを とじこめて うらきれれば なみだは いらぬ

jounetsu wo tojikome te uragire reba namida ha ira nu

焼べて 道ならぬ 番を (焚烧这断无生路的两人)

くべて みちならぬ つがいを

yaki bete michi naranu ban wo

咲き乱る 花の哀れが 私语く (乱花迷目 却是哀愁私语)

さきみだる はなのあわれが ささめく

saki midaru hana no aware ga shigo ku

触れなば 堕ちよ 无影の 徒と (触之无影无踪 如梦幻泡影)

ふれなば おちよ むえいの あだと

furena ba ochi yo mu kage no to to

桜の 宙 あなたに响く 祈り (在樱花的苍穹下 祈求着回响你的声音)

さくらの そら あなたにひびく いのり

sakura no chuu anatani hibiku inori

运命の 随 ふたりを繋ぐ 云路 (随命而行 系结两人的祥云天路)

さだめの まま ふたりをつなぐ くもじ

unmei no zui futariwo tsunagu kumo michi

结びかけた 指を 优しく 解けば (还未紧握的手指 温柔地松开)

むすびかけた ゆびを やさしく ほどけば

musubi kaketa yubi wo yasashi ku toke ba

然う 少しずつ 彼の日に 还る (罢矣 只愿片刻 回到那一天)

そう すこしずつ あのひに かえる

zen u sukoshi zutsu kano nichi ni kan ru

爱しさを 杀したい 只 无暗に 逆巻く 想い (挚爱之人 欲屠杀之 只是心潮澎湃之念头)

いとしさを ころしたい ただ むやみに さかまく おもい

itoshi sawo koroshi tai tada muyami ni sakamaku omoi

 桂ICP备15001694号-2