花のように – まつたかこ – 歌词翻译及罗马音译整理

花样 – 松たか子

风が运ぶ风铃の音に 振り返れば夏空 (风送来风铃的声音 回忆夏天的天空)

かぜがはこぶふうりんのねに ふりかえればなつぞら

kaze ga hakobu fuurin no oto ni furikaere ba natsuzora

白いシャツの少年がいた ヒマワリの小径 (白T恤的少年身处的向日葵的小径)

しろいシャツしゃつのしょうねんがいた ヒマワリひまわりのこみち

shiroi shatsu no shounen gaita himawari no komichi

君は何処へ消えたの ちょっと待っててと言ったきり (你消失到何处去了? 只说了声“稍等一会”)

きみはどこへきえたの ちょっとまっててといったきり

kun ha doko he kie tano chotto matsu teteto itsutsu takiri

わたし何処を见てたの 眩しい方ばかり (无论我望向什么地方 都会是耀眼的方向)

わたしどこをみてたの まぶしいほうばかり

watashi doko wo mite tano mabushi i hou bakari

花のように 风のように いつまでも胸にあるよ (像花一样 如风一般 一直存在心中)

はなのように かぜのように いつまでもむねにあるよ

hana noyouni kaze noyouni itsumademo mune niaruyo

戻れるなら 戻れるなら 阳炎のあの日 (若能回去 若能回去 那炎热的日子)

もどれるなら もどれるなら かげろうのあのひ

modore runara modore runara kagerou noano nichi

夏を送る线香花火 ふいに肩を抱かれて (送夏的线香烟花 忽然双肩被拥抱着)

なつをおくるせんこうはなび ふいにかたをだかれて

natsu wo okuru senkouhanabi fuini kata wo daka rete

切なすぎる优しいキス さよならのかわり (过于难过 温柔的一吻代替了“再见”)

せつなすぎるやさしいキスきす さよならのかわり

setsuna sugiru yasashii kisu sayonaranokawari

唇をかみしめて うつむいたまま歩いた (一边紧咬着唇 一边垂著头步行)

くちびるをかみしめて うつむいたままあるいた

kuchibiru wokamishimete utsumuitamama arui ta

君の涙の理由を まだ知る由もなく (你流泪的原因 至今还未清楚的知道)

きみのなみだのわけを まだしるよしもなく

kun no namida no riyuu wo mada shiru yu monaku

花のように 风のように そのままで胸にあるよ (像花一样 如风一般 一直存在心中)

はなのように かぜのように そのままでむねにあるよ

hana noyouni kaze noyouni sonomamade mune niaruyo

戻れるなら 戻れるなら 阳炎のあの日 (若能回去 若能回去 那炎热的日子)

もどれるなら もどれるなら かげろうのあのひ

modore runara modore runara kagerou noano nichi

どんなふうに 言うのだろう 今君がここにいたら (该怎样的说呢? 假如你此刻在这)

どんなふうに いうのだろう いまきみがここにいたら

donnafuuni iu nodarou ima kun gakokoniitara

いまだ遥か 旅の最中 あの夏は远く (仍然在遥远的旅途中 那个久远的夏天)

いまだはるか たびのさなか あのなつはとおく

imada haruka tabi no saichuu ano natsu ha tooku

花のように 风のように いつまでも胸にあるよ (像花一样 如风一般 一直存在心中)

はなのように かぜのように いつまでもむねにあるよ

hana noyouni kaze noyouni itsumademo mune niaruyo

戻れるなら 戻れるなら あの夏のあの日 (若能回去 若能回去 那夏天的日子)

もどれるなら もどれるなら あのなつのあのひ

modore runara modore runara ano natsu noano nichi

 桂ICP备15001694号-2