初恋の顷 – てしまあおい – 歌词翻译及罗马音译整理

初恋之时 – 手嶌葵

あなたの影を 踏んで歩いた (踩着你的影子走着)

あなたのかげを ふんであるいた

anatano kage wo fun de arui ta

夕阳 空ににじんでた 丘の上 (小丘之上 夕阳余晖染红天际)

ゆうひ そらににじんでた おかのうえ

yuuhi sora ninijindeta oka no ue

つかずはなれず 并んで歩く (若即若离的并肩走着)

つかずはなれず ならんであるく

tsukazuhanarezu naran de aruku

そんな 二人あの顷 (总是那样 那时的我们)

そんな ふたりあのころ

sonna futari ano goro

会えばいつも 照れてばかりいて (每次见面 只会害羞不已)

あえばいつも てれてばかりいて

ae baitsumo tere tebakariite

大切なことは なにも言えなくて (重要的话语 一句也说不出)

たいせつなことは なにもいえなくて

taisetsu nakotoha nanimo ie nakute

笑いながら うわさ话とか (边笑边谈论些逸闻趣事)

わらいながら うわさばなしとか

warai nagara uwasa hanashi toka

他爱のないこと おしゃべりした (都是些无关紧要的东西)

たあいのないこと おしゃべりした

taai nonaikoto oshaberishita

ただそれだけで わたし よかったの (只是那样而已 就能让我欣喜若狂)

ただそれだけで わたし よかったの

tadasoredakede watashi yokattano

ただそれだけですべて 満たされた (只是那样而已 就能令我感到满足)

ただそれだけですべて みたされた

tadasoredakedesubete mita sareta

つかずはなれず 并んで歩く (若即若离地并肩而行)

つかずはなれず ならんであるく

tsukazuhanarezu naran de aruku

そんな 初恋の顷 (那样的 初恋之时)

そんな はつこいのころ

sonna hatsukoi no goro

恋人なら もどかしく思う (若说是恋人 却让人觉得无可奈何)

こいびとなら もどかしくおもう

koibito nara modokashiku omou

その距离がなぜか とても爱しくて (那微妙的距离感 莫名地惹人怜爱)

そのきょりがなぜか とてもいとしくて

sono kyori ganazeka totemo itoshi kute

心の中 どんな梦よりも (比心中的任何梦想都要耀眼)

こころのなか どんなゆめよりも

kokoro no naka donna yume yorimo

真珠や星より 辉いてた (甚至盖过了珍珠或星辰的光芒)

しんじゅやほしより かがやいてた

shinju ya hoshi yori kagayai teta

あなたの影を 踏んで歩いた (踩着你的影子走着)

あなたのかげを ふんであるいた

anatano kage wo fun de arui ta

夕阳 空ににじんでた 丘の上 (小丘之上 夕阳余晖染红天际)

ゆうひ そらににじんでた おかのうえ

yuuhi sora ninijindeta oka no ue

つかずはなれず 并んで歩く (若即若离的并肩走着)

つかずはなれず ならんであるく

tsukazuhanarezu naran de aruku

そんな 初恋の顷 (那样的 初恋之时)

そんな はつこいのころ

sonna hatsukoi no goro

そんな 初恋の顷 (那样的 初恋之时)

そんな はつこいのころ

sonna hatsukoi no goro

 桂ICP备15001694号-2