カゲロウデイズ – はつねミクみく – 歌词翻译及罗马音译整理

阳炎眩乱 – 初音ミク

八月十五日の午后12时半くらいのこと (这是8月15日下午12点半左右的事)

はちがつじゅうごにちのごご12じはんくらいのこと

hachigatsu juugo nichi no gogo 12 jihan kurainokoto

天気が良い (天气很棒)

てんきがいい

tenki ga yoi

病気になりそうなほど眩しい日差しの中 (在仿佛会让人生病般炫目的阳光中)

びょうきになりそうなほどまぶしいひざしのなか

byouki ninarisounahodo mabushi i hizashi no naka

することも无いから君と駄弁っていた (因没事可做便与你闲聊著)

することもないからきみとだべっていた

surukotomo nai kara kun to da wakimatsu teita

“でもまぁ夏は嫌いかな”猫を抚でながら (“不过啊我还满讨厌夏天的”边抚摸猫咪)

「でもまぁなつはきらいかな」ねこをなでながら

「 demomaa natsu ha kirai kana 」 neko wo nade nagara

君はふてぶてしくつぶやいた (你边旁若无人的低语)

きみはふてぶてしくつぶやいた

kun hafutebuteshikutsubuyaita

あぁ、逃げ出した猫の后を追いかけて (啊啊,追在逃跑的猫咪身后)

あぁ、にげだしたねこのあとをおいかけて

aa、 nigedashi ta neko no nochi wo oi kakete

飞び込んでしまったのは赤に変わった信号机 (突然闯入的是变作红色的红绿灯)

とびこんでしまったのはあかにかわったしんごうき

tobikon deshimattanoha akani kawa tta shingouki

バッと通ったトラックが君を轹きずって鸣き叫ぶ (飞快驶过的卡车压过你拖行着发出叫喊)

バッとばっととおったトラックとらっくがきみをひきずってなきさけぶ

batsu to kayotsu ta torakku ga kun wo hiki zutte naki sakebu

血飞沫の色、君の香りと混ざり合ってむせ返った (飞散血沫的颜色,和你的香气混合呛鼻)

ちしぶきのいろ、きみのかおりとまざりあってむせかえった

chishibuki no shoku、 kun no kaori to mazariatsu temuse kaetsu ta

嘘みたいな阳炎が“嘘じゃないぞ”って嗤ってる (像是虚假般的阳炎嘲笑说“这可不是假的”)

うそみたいなかげろうが「うそじゃないぞ」ってわらってる

uso mitaina kagerou ga 「 uso janaizo 」 tte shi tteru

夏の水色、かき回すような蝉の音に全て眩んだ (夏天的浅蓝,搅和般的蝉鸣让人头晕目眩)

なつのみずいろ、かきまわすようなせみのねにすべてくらんだ

natsu no mizuiro、 kaki mawasu youna semi no oto ni subete gen nda

目を覚ました时计の针が鸣り响くベッドで (在时钟指针作响的床上醒来)

めをさましたとけいのはりがなりひびくベッドべっどで

me wo sama shita tokei no hari ga nari hibiku beddo de

今は何时? (现在是几点?)

いまはなんじ?

ima ha nanji ?

八月十四日の午前12时过ぎ位を指す (指针指著8月14日的中午12点多)

はちがつじゅうよっかのごぜん12じすぎくらいをさす

hachigatsu juuyon nichi no gozen 12 toki sugi kurai wo sasu

やけに烦い蝉の声覚えていた (吵杂的蝉鸣声扰人)

やけにうるさいせみのこえおぼえていた

yakeni wazurai semi no koe oboe teita

でもさぁ、少し不思议だな。 (不过啊,有点不可思议耶。)

でもさぁ、すこしふしぎだな。

demosaa、 sukoshi fushigi dana。

同じ公园で昨日见た梦を思い出した (在同样的公园里回想起昨天做的梦)

おなじこうえんできのうみたゆめをおもいだした

onaji kouen de kinou mita yume wo omoidashi ta

“もう今日は帰ろうか”道に抜けた时 (说着“今天该回家了”而踏上道路时)

「もうきょうはかえろうか」みちにぬけたとき

「 mou konnichiha kaero uka 」 michi ni nuke ta toki

周りの人は皆上を见上げ口を开けていた (周围的人全都张著嘴抬头仰望)

まわりのひとはみんなうえをみあげくちをあけていた

mawari no nin ha mina ue wo miage kuchi wo hirake teita

落下してきた铁柱が君を贯いて突き刺さる (落下的铁柱狠狠贯穿了你钉入地面)

らっかしてきたてっちゅうがきみをつらぬいてつきささる

rakka shitekita tetchuu ga kun wo tsuranui te tsuki sasa ru

劈く悲鸣と风铃の音が木々の隙间で空回り (炸开来的惨叫及风铃的声响在树木间空转)

つんざくひめいとふうりんのおとが木々きぎのすきまでからまわり

tsunzaku himei to fuurin no oto ga kigi no sukima de sora mawari

ワザとらしい阳炎が“梦じゃないぞ”って嗤ってる (像是蓄意般的阳炎嘲笑说“这可不是做梦”)

ワザわざとらしいかげろうが「ゆめじゃないぞ」ってわらってる

waza torashii kagerou ga 「 yume janaizo 」 tte shi tteru

眩む视界に君の横颜、笑っているような気がした (晕眩的视野中你的侧脸,仿佛露出了笑容)

くらむしかいにきみのよこがお、わらっているようなきがした

kuramu shikai ni kun no yokogao、 waratsu teiruyouna kiga shita

何度世界が眩んでも阳炎が嗤って夺い去る。 (无论世界晕眩了多少次阳炎都会笑着夺去。)

なんどせかいがくらんでもかげろうがわらってうばいさる。

nando sekai ga gen ndemo kagerou ga shi tte ubai saru。

缲り返して何十年。もうとっくに気が付いていたろ。 (不断重复了几十年。早就已经发现了对吧。)

くりかえしてなんじゅうねん。もうとっくにきがついていたろ。

kurikaeshi te nanjuunen。 moutokkuni kigatsui teitaro。

こんなよくある话なら结末はきっと一つだけ。 (如果是如此陈腐的故事那结局注定只有一种。)

こんなよくあるはなしならけつまつはきっとひとつだけ。

konnayokuaru hanashi nara ketsumatsu hakitto hitotsu dake。

缲り返した夏の日の向こう。 (不断重复的夏日那天的前头。)

くりかえしたなつのひのむこう。

kurikaeshi ta natsu no nichi no mukou。

バッと押しのけ飞び込んだ、瞬间トラックにぶち当たる (飞快撞入把你推开,那一瞬间撞上了卡车)

バッとばっとおしのけとびこんだ、しゅんかんトラックとらっくにぶちあたる

batsu to oshi noke tobikon da、 shunkan torakku nibuchi ata ru

血飞沫の色、君の瞳と轧む体に乱反射して (飞散血沫的颜色,在你的双眼及作响的身体中漫射)

ちしぶきのいろ、きみのひとみときしむからだにらんはんしゃして

chishibuki no shoku、 kun no hitomi to kishimu karada ni ranhansha shite

文句ありげな阳炎に“ざまぁみろよ”って笑ったら (对着似乎有所不满的阳炎笑说“你活该”后)

もんくありげなかげろうに「ざまぁみろよ」ってわらったら

monku arigena kagerou ni 「 zamaamiroyo 」 tte waratsu tara

実によく在る夏の日のこと。 (真的很陈腐的夏日所发生的事。)

じつによくあるなつのひのこと。

jitsuni yoku aru natsu no nichi nokoto。

そんな何かがここで终わった。 (那种莫名的玩意在这儿结束了。)

そんななにかがここでおわった。

sonna nanika gakokode owa tta。

目を覚ました八月十四日のベッドの上 (在8月14日的床上醒来)

めをさましたはちがつじゅうよっかのベッドべっどのうえ

me wo sama shita hachigatsu juuyon nichi no beddo no ue

少女はただ (少女只是)

しょうじょはただ

shoujo hatada

“またダメだったよ”と一人猫を抱きかかえてた (独自抱着猫咪说“这次又失败了”)

「またダメだめだったよ」とひとりねこをだきかかえてた

「 mata dame dattayo 」 to hitori neko wo daki kakaeteta

 桂ICP备15001694号-2