デルニエ旅行记 – はつねミクみく – 歌词翻译及罗马音译整理

终焉旅行记 – 初音ミク

どんな期待も受け止めた 华やぐ この大都会で (不论是怎样的期待也都接受了 在这繁华的 大都市)

どんなきたいもうけとめた はなやぐ このだいとかいで

donna kitai mo uke tome ta hanaya gu kono daitokai de

泣いて过ぎた 灰の日々を 忘れようと笑ってた (试着去忘记 那曾痛哭过的灰蒙日子 如此露出笑容)

ないてすぎた はいの日々ひびを わすれようとわらってた

nai te sugi ta hai no hibi wo wasure youto waratsu teta

愿った色 派手な通(みち)に 嫌われぬような爱想を巻く (祈愿中的景色 于这浮华的大街 为了不被讨厌而表露亲切的态度)

ねがったいろ はでなつう(みち)に きらわれぬようなあいそをまく

negatsu ta shoku hade na toori ( michi) ni kirawa renuyouna aisou wo maku

生きて动く街の线が いつだって爱おしく思えて (这栩栩如生的街道线条 总是令人觉得如此可爱)

いきてうごくまちのせんが いつだっていとおしくおもえて

iki te ugoku machi no sen ga itsudatte ai oshiku omoe te

この街に溶け込むように 淡く伸びた日阴を歩く (就似融入这街道中 走在淡淡伸延的背阴之处)

このまちにとけこむように あわくのびたひかげをあるく

kono machi ni toke komu youni tan ku nobi ta hikage wo aruku

谁にもまだ触れられない 心もまた触れられない (仍是谁亦不予理会 就连我的内心亦然)

だれにもまだふれられない こころもまたふれられない

dare nimomada furera renai kokoro momata furera renai

本音が乞う幸せは 何かにつけ 杳と渗む (内心渴求着的幸福 一切一切 杳然模糊)

ほんねがこうしあわせは なにかにつけ ようとにじむ

honne ga kou shiawase ha nanika nitsuke you to nijimu

泣いて过ぎる こんな日々が 笑った今も残ってた (在如此痛哭着的 日子之中 亦有留下曾经欢笑的此刻)

ないてすぎる こんな日々ひびが わらったいまものこってた

nai te sugi ru konna hibi ga waratsu ta ima mo nokotsu teta

叶った色 派手な通(みち)は 絵に描いたような梦のままだ (如愿中的景色 这浮华的大街 就如同绘于画中似的那梦景一样)

かなったいろ はでなつう(みち)は えにかいたようなゆめのままだ

kanatsu ta shoku hade na toori ( michi) ha e ni egai tayouna yume nomamada

暮れてゆく街の隅で いつだって眺めていただけ (在这逐渐入黑的街道一角 不论何时亦只是眺望着这片景色)

くれてゆくまちのすみで いつだってながめていただけ

kure teyuku machi no sumi de itsudatte nagame teitadake

このままそんな梦にただ 近からずも远くもなく (如此下去跟此般梦想的距离 不近亦不远)

このままそんなゆめにただ ちかからずもとおくもなく

konomamasonna yume nitada chikaka razumo tooku monaku

谁にも ほら 触れられない やわな垣の向こうでと念う (谁亦 看吧 不对我理睬 心想着就在那脆弱的垣墙的另一方)

だれにも ほら ふれられない やわなかきのむこうでとおもう

dare nimo hora furera renai yawana kaki no mukou deto nen u

この街に溶け込むまで 暮れる隅の日阴を歩く (直到融入这街道之中为止 依然走在淡淡伸延的背阴之处)

このまちにとけこむまで くれるすみのひかげをあるく

kono machi ni toke komu made kure ru sumi no hikage wo aruku

谁かが また靴鸣らして 灯しで笑う 歌って笑う (某人 又再踏响鞋子 在灯火之处笑着 欢笑而歌唱着)

だれかが またくつならして ともしでわらう うたってわらう

dareka ga mata kutsu nara shite tomoshi de warau utatsu te warau

闻こえないって爱想も解いて (心想着“听不到的”就连装出的好意亦解开了)

きこえないってあいそもほどいて

kiko enaitte aisou mo toi te

后悔さえ明るみに 霞んで また灰に埋まる (就连后悔亦于光明之处 变得暗淡 又再埋没于灰烬之中)

こうかいさえあかるみに かすんで またはいにうまる

koukai sae akarumi ni kasun de mata hai ni uma ru

踊った影 谁のもの ずっと今まで憧れた (那起舞的身影 是谁人 我直到此刻亦一直憧憬著)

おどったかげ だれのもの ずっといままであこがれた

odotsu ta kage dare nomono zutto imamade akogare ta

愿った日を派手な通(みち)で 闻こえないように小さく歌った (将这祈愿中的每天在这浮华的大街 不被人听到地小声歌唱出来)

ねがったひをはでなつう(みち)で きこえないようにちいさくうたった

negatsu ta nichi wo hade na toori ( michi) de kiko enaiyouni chiisa ku utatsu ta

忧えてゆくつもりはない いつだって忘れられないさ (无意继续担忧下去 永远都无法忘记的啊)

うれえてゆくつもりはない いつだってわすれられないさ

uree teyukutsumorihanai itsudatte wasure rarenaisa

この街に溶け込むように 淡く伸びた日阴を歩く (就似融入这街道中 走在淡淡伸延的背阴之处)

このまちにとけこむように あわくのびたひかげをあるく

kono machi ni toke komu youni tan ku nobi ta hikage wo aruku

谁にももう触れられない 心もまた触れられない (谁亦再也不予理会 就连我的内心亦然)

だれにももうふれられない こころもまたふれられない

dare nimomou furera renai kokoro momata furera renai

このままそんな日々をただ 小さく歌って笑うなら (若然就此将如此的日子仅是 小声歌唱出而欢笑)

このままそんな日々ひびをただ ちいさくうたってわらうなら

konomamasonna hibi wotada chiisa ku utatsu te warau nara

谁にも もう触れなくていい 心がまだ眺めるなら (那不被 任何人理睬也没关系 内心仍在眺望那景色的话)

だれにも もうふれなくていい こころがまだながめるなら

dare nimo mou furena kuteii kokoro gamada nagame runara

小さく歌って笑えばいい (那只要小声地歌唱欢笑就可以了)

ちいさくうたってわらえばいい

chiisa ku utatsu te warae baii

どこでもまた触れられない (不论何处亦被弃之不顾)

どこでもまたふれられない

dokodemomata furera renai

どんな期待も受け止めた 华やぐ この大都会も (不论是怎样的期待也都接受了 在这繁华的 大都市)

どんなきたいもうけとめた はなやぐ このだいとかいも

donna kitai mo uke tome ta hanaya gu kono daitokai mo

泣いて过ぎる 灰の日々を 忘れないで笑ってた (没有忘记 那曾痛哭过的灰蒙日子 而展露笑容)

ないてすぎる はいの日々ひびを わすれないでわらってた

nai te sugi ru hai no hibi wo wasure naide waratsu teta

 桂ICP备15001694号-2